2019年12月4日水曜日

すみだ北斎美術館「北斎 視覚のマジック 小布施・北斎館名品展」

今年(2019年)11月に開館3周年を迎えた「すみだ北斎美術館」で現在開催されているのは、長野県小布施にある「北斎館」の名品が展示される「北斎 視覚のマジック 小布施・北斎館名品展」。
北斎が晩年に訪れた小布施にある北斎館が所蔵する浮世絵の名作約130点が前期後期で展示されるという豪華な展覧会。
展覧会のチラシもド派手なデザインで私たちを驚かせてくれます。

展覧会チラシ

はじめにご紹介すると、このチラシに描かれているのは、小布施の東町祭屋台天井絵の「龍」と「鳳凰」のうちの「鳳凰」と、上町祭屋台天井絵の「男浪(おなみ)」と「女浪(めなみ)」のうちの「男浪」で、どちらの天井絵も現在は北斎館に寄託されています。
そして、この天井絵ですが、「鳳凰」と「男浪」は通期展示。

オープニングセレモニーでは北斎館館長の安村敏信さんのユーモアたっぷりのご挨拶。
「今回の展覧会で『鳳凰』と『男浪』を見ていただいて、小布施で『龍』と『女浪』を見ていただいて完結します。(笑)」

今回の展覧会のタイトル「北斎 視覚のマジック」は、安村さんが編集人となっている『北斎 視覚のマジック 小布施・北斎館名品集』(2019年 北斎館編 平凡社)にちなんだもの。
北斎館の名品がこの1冊に凝縮されています。詳細な作品解説も北斎の年譜もあってお値段は2,500円+税。
ぜひお手に取ってご覧になってください。



さて、この「視覚のマジック」とは「構図や形が不自然でも全体としては不自然さを感じさせないところが北斎の魅力」とのことですが、実際にはどのようなことなのでしょうか。

館内はすみだ北斎美術館学芸員の竹村さんにご案内いただきましたので、さっそく展示作品をご紹介することにしましょう。

【展覧会概要】
会 期  2019年11月19日(火)~2020年1月19日(日)
 前期 2019年11月19日(火)~12月15日(日)
 後期 2019年12月17日(火)~2020年1月19日(日)
 ※前期後期で一部展示替えあり
休館日 毎週月曜日、年末年始(12/29-1/1)
    ※開館:2020年1月13日(月・祝) 休館:2020年1月14日(火)
開館時間 9:30-17:30(入館は17:00まで)
観覧料  一般 1,200円ほか 
会期中観覧日当日に限り、AURORA(常設展示室)もご覧になれます。

公式サイトはこちらです→すみだ北斎美術館
※企画展示室内は撮影禁止です。掲載した写真は美術館より特別の許可をいただいて撮影したものです。
※4階常設展示室内は一部を除き撮影できます。
※出品作品は、北斎館に寄託されている東町祭屋台天井絵の『鳳凰』と、上町祭屋台天井絵の『男浪』を除き北斎館の所蔵品です。また、特に作者名のないものは葛飾北斎作です。

まずは3階企画展示室から。

小布施・北斎館は肉筆画の貴重な作品を所蔵していることでも知られています。
最初は《肉筆画》のコーナー。

《肉筆画》のコーナー展示風景
上の写真の一番右は、北斎が亡くなる年(嘉永2(1849)年)の正月に描き初めで描いた《富士越龍》(前期展示)で、その隣が《二美人》(前期展示)。

《二美人》(前期展示)
立ち姿の美人はほぼ直角に首を曲げているというありえないポーズ。
「それでも全体的に見るとバランスよく、不自然さを感じさせないところが北斎の視覚のマジック。」と竹村さん。

こちらは《桔梗図》。手に持つ方を下に描く扇面も、北斎の手にかかると横を向いてしまいます。それでも違和感を感じないのは視覚のマジック?

《桔梗図》(前期展示)

『肉筆画帖』は、天保の大飢饉で本が出版できなかった時期に肉筆画を描き、それを売って飢えをしのいだという作品。全部で10図あって、10図揃っているのは北斎館を含めて3例、海外に1例あるだけという貴重なもの。

《『肉筆画帖』福寿草と扇、鷹匠の鷹、はさみと雀、器と梨の花、蛇と小鳥》
(前期展示 後期には、ほととぎす、かれいと撫子、ゆきのしたと蛙、鮎、塩鮭と白鼠が展示されます。)

続いて《版画》のコーナー。
下の写真右から2点目《三夕 しき立さわ まきたつ山 うらの苫屋》(前期展示)は「新古今和歌集」に収載された「秋の夕暮」で結ばれる三首にちなんで描かれたもので、三図揃っているのはこの北斎館所蔵のものだけという、これも貴重な一品。
《版画》のコーナー展示風景
こちらの小さな版画は、「阿蘭陀画鏡 江戸八景」8枚セットのうちの「吉原」(右)と「高輪」(左)。

拡大すると西洋の銅版画風。だから「阿蘭陀」なのです。後期には「両国」「観音」「堺町」が展示されます。
「阿蘭陀画鏡 江戸八景 吉原」(前期展示) 
そしておなじみ「冨嶽三十六景」シリーズ。
前期後期で36点展示されます。

「冨嶽三十六景」
こちらも北斎の売れ筋シリーズ「諸國名橋竒覧」。前期後期で10点展示されます。

「諸國名橋竒覧」

黒が基調の部屋のしつらえになっているスペースに展示されているのは「日新除魔」。

「日新除魔」のコーナー展示風景

「北斎が毎日獅子の絵を描いては丸めて家の外に捨てていたので、ある人が北斎に理由を尋ねたところ、放蕩な孫の悪魔を払うためだ、と答えたとのことです。」と竹村さん。
1枚1枚に描いた日付が記されています。

除魔といっても、描かれているのは唐獅子だったり、獅子舞だったり、愛嬌のある獅子。
後期には違う日付のものが展示されます。
「日新除魔」
ここで思い出したのが、AURORA(常設展示室)の北斎さん。
よく見ると描いているのは獅子。そして娘のお栄の後ろには丸めて捨てられた紙屑が。
そうです。北斎さんはちょうど「日新除魔」をせっせと孫のために描いているところだったのです。

版画の中でも、狂歌師が新年に配ったり、襲名披露や絵暦などに用いたのが摺物。
一般に売られていたのでなく、限られた人たちに配られていたので、とても貴重なものなのですが、北斎館では世界的にみても貴重な作品を多く所蔵しているとのこと。

《摺物》のコーナー展示風景
こちらは寛政9(1797)年作《琵琶を弾く弁天》。
「弁天が座る岩にはこの年の大の月(30日)と小の月(29日)が記されています。そしてこの年は巳年、弁天の使いが蛇なので弁天様が描かれているのです。」と竹村さん。

《琵琶を弾く弁天》(前期展示)
文化6(1809)年作《遠眼鏡》は、遠眼鏡を横から見た図と、遠眼鏡で風景を覗いた図が描かれています。この年が己未(つちのとみ)なので、己未の日が縁日の弁財天にかけて、滝野川の松橋弁天(岩屋弁天)を眺めているところです。

《遠眼鏡》(前期展示)
4階の企画展示室に移ります。

こちらには北斎館の貴重なコレクションの版本がずらりと展示されています。

世界に3例しかないという《春の曙》。
《春の曙》(前期展示)
『水滸伝』のシリーズ本。

『新編水滸画伝』初編(前期後期で頁替あり)


「北斎館は、貴重な初摺りを多く所蔵しています。」と竹村さん。
竹村さんに初摺りならではの注目点をご紹介いただきました。

上の写真2冊目には、黒い光線(?)の裏には茶色の悪魔が描かれていますが、後摺以降では
省略されているとのこと。
『新編水滸画伝』初編2冊目

『近世怪談霜夜星』5冊のうち最初の1冊。
右ページの女性が持つ鏡に映るのは女性でなく妖怪。
後摺以降は妖怪が省略されるのですが、鏡に何も映っていないと「怪談」ではなくなってしまいます。
「やはり初摺りが大切です。」と竹村さん。

『近世怪談霜夜星』1冊目(前期後期で頁替あり)

そして4階企画展示室の一番奥には冒頭紹介した東町祭屋台天井絵の「鳳凰」と、上町祭屋台天井絵の「男浪」が鎮座しています。
実物の存在感はすごいのですが、3階ホワイエにはフォトスポットがあるので、ここで写真を撮ってSNSでシェアしましょう!


会期は2020年1月19日(日)までありますが、前期展示は12月15日(日)までなのでお早めに!
後期展示も楽しみです。

































 



2019年11月26日火曜日

泉屋博古館分館「金文-中国古代の文字-」展

東京・六本木の泉屋博古館分館では、企画展「金文-中国古代の文字-」が開催されています。


「金文(きんぶん)」とは、青銅器に鋳込まれた中国古代の文字。
3000年も前の中国ではこんなに大きくて精密で頑丈な青銅器が作られていたのかと驚くだけでなく、文字を読み解いていけば当時の人たちの姿が思い浮かんできて、さらに青銅器の楽しみが増すこと間違いなし。
世界に冠たる泉屋博古館(京都の本館)の青銅器コレクションの粋をぜひ味わっていただきたいです。
※他にも台東区立書道博物館、黒川古文化研究所の貴重な青銅器も展示されています。

【展覧会概要】
会 期  11月9日(土)~12月20日(金)
開館時間 10時~17時(入館は16時30分まで)
休館日  月曜日
入館料  一般 800円ほか
公式サイトはこちら→泉屋博古館分館
※会場内は撮影禁止です。掲載した写真は内覧会で美術館より特別の許可をいただいて撮影したものです。
※内覧会では泉屋博古館学芸員の山本さんのギャラリートークをおうかがいしました。

それでは、さっそく展示室内をご案内していきましょう。

黒を基調としたシックな雰囲気の第1展示室には今回の主役・青銅器がずらり並んでいます。
はじめのコーナーに並んでいるのは、中国古代王朝・商の時代(前16世紀頃~前11世紀頃)から西周時代(前11世紀末~前770頃)の青銅器。
第1展示室展示風景
三本足の爵(しゃく)は酒を温めるための器で、把手があって、注ぎ口があるのが特徴。
爵では、把手の内側の本体側に記された銘に注目です。
そこには魚そのものの絵のように見える文字があったり、複数の板を紐で束ねたような文字があったり、現在の「魚」や「冊」といった文字の原型が象形文字であったことがよくわかります。
束ねられた板には君主の命令が記載されていました。「冊」の持つ本来の意味は、中国の皇帝が周辺諸国の君主に官号・爵位などを与えてその統治を認める冊封体制(さくほうたいせい)ということばに引き継がれています。

作品の右側にはキャプション、左側には文字の拓本があるので、ぜひ見比べてみてください。

右 「冊爵」(商後期 前12世紀)
左 「魚爵」(西周前期 前11-10世紀)
いずれも泉屋博古館
釣り手がついて、酒を持ち運ぶために使われた器が卣(ゆう)。

第1展示室展示風景(続き)
「見卣」(上の写真右から2点め)には、本体の内底と蓋の裏側に銘があります(上の写真にあるように、後ろの壁には金文の部分を拡大したパネルがありますので、こちらも同時にご参照ください。)。
そこには、現在の「見」という文字の原型となる、大きな目玉を持つ人が下を見ているところを表した文字があって、水を張ったたらい「皿」という字を下に置くと野球の監督の「監」になって、それが自分自身の姿を見るという「鑑(かんが)みる」につながっていくのです。
「古代中国の人たちの考え方はとても絵画的でした。」と山本さん。

小克鼎はセットで作られることが流行しました。
下の写真中央の2点は、7基が確認されていて、日本に3基、中国に4基あるうちの2基。
右の小さい方は、東京の台東区立書道博物館、左の大きい方は兵庫県西宮市にある黒川古文化研究所が所蔵するもので、およそ3,000年ぶりとなる兄弟の感動のご対面です!


第1展示室展示風景(続き)

西周時代になると文字を鋳造する技術が発達して文字数も多くなり、記録としても貴重なものになりました。
この鼎は、「克」という人が、周王から洛陽の駐屯軍に喝を入れに行くよう命ぜられたことを記念して製作制作されたもの。
「戦争が多かった当時の社会情勢をうかがい知ることができます。」と山本さん。

こちらには、棒状の吊手がついた鐘がいくつも展示されています。


第1展示室展示風景(続き)
ここでも生き別れた兄弟が3,000年ぶりに再会する感動のドラマがあります。
詳しくはチラシ裏面をご参照ください。



ところで、金文はどのようにして青銅器に鋳込まれたのでしょうか。
過去にも多くの仮説ありましたが、どれも決定的なものではありませんでした。
そういった中、山本さんは新たな仮説を立て、そして実際に青銅器に鋳込むことに成功したのです。
金文を復元鋳造した過程がロビー展示室に展示されていますので、ぜひこちらにも注目です。
下の写真の一番右のカラーパネルは、山本さんが作業をしている場面です。
※金文復元鋳造は、福岡県にある芦屋釜の里の協力により行われました。下の写真一番右奥は芦屋釜の里で製作された釜、その上は芦屋釜の里の紹介パネルです。

ロビー展示風景

ロビーには鋳造復元したレプリカが展示されています。ぜひ手に取って青銅器の感触を感じとってみてください。


第2展示室は明るい雰囲気の白が基調。
右側に展示されているのは、西周後期から春秋時代(前770~前403)、戦国時代(前403~前221)にかけての紀元前9~3世紀の青銅器。

第2展示室展示風景
3つ並んでいる「ひょう(「广」の中に「驫」)羌鐘」(戦国時代前期(紀元前5-4世紀))は、洛陽市から出土された全部で14基残っている鐘のうち泉屋博古館が12基所蔵しているうちの3基。残りの2基はカナダのロイヤル・オンタリオ・ミュージアムが所蔵しているとのこと。
「いつか再び全部揃えて展示したいです。」と山本さん。

全部揃ったらやはり離れ離れになった兄弟たちの感動のご対面ですね。
こちらは以前、上海博物館の青銅館に展示されている鐘を撮ったものです。
(参考)上海博物館の青銅館に展示されている鐘
第2展示室正面には秦の始皇帝とその息子・胡亥が作らせた権(秤に使う錘)。
中国を統一した始皇帝は度量衡・貨幣・文字の統一を行いました。
「秦の時代になると、青銅器は政(まつりごと)から実用に使われるようになりました。」と山本さん。

第2展示室風景(続き)


左側に展示されているのは漢から唐にかけての鏡。
漢代に普及した鏡は、個人の工房でも多く作られるようになり、鏡を製作した工人の名が記されていたり、内容も、この鏡を持てば願いがかなうといった現世の利益を謳った銘文が記されているので、現代に住む私たちにより身近になってきたような気がします。

第2展示室風景(続き)

じっくり見れば見るほど味わいが増してくるのが青銅器。
この展覧会のあと泉屋博古館分館はリニューアルのため約2年間休館になります。
休館前にぜひご覧になっていただきたい展覧会です。

コンパクトサイズの図録も販売しています。税込1,500円です。
写真も多く、詳しい解説もあるので、青銅器入門に最適です。














2019年11月23日土曜日

山種美術館 広尾開館10周年記念特別展「東山魁夷の青 奥田元宋の赤-色で読み解く日本画-」

山種美術館では、東京・広尾に開館して10周年を記念した特別展「東山魁夷の青 奥田元宋の赤-色で読み解く日本画-」が開催されています。

展覧会チラシ


【展覧会概要】
会 期  11月2日(土)~12月22日(日)
開館時間 午前10時から午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日  月曜日(11/4(月)は開館、11/5(火)は休館)
入館料  一般 1200円ほか
展覧会の詳細はこちら→山種美術館公式ホームページ

※今回展示されている作品はすべて山種美術館所蔵です。
※展示室内は撮影禁止です。掲載した写真は美術館より特別の許可をいただいて撮影したものです。
※展示室内では同館特別研究員の三戸さんのギャラリートークをおうかがいしました。

今回の展覧会は、サブタイトルにあるとおり、色を手がかりに日本画を読み解いていく展覧会。東山魁夷の青、奥田元宋の赤をはじめ、緑、黄、黒、白、銀、金、まさに色とりどりの作品が展示されている、とてもカラフルで楽しい展覧会です。

「青」

「青」といえば、はずせないのが展覧会のチラシにもなっている東山魁夷《年暮る》。
こちらは、京都の四季を通じて日本の美を表現した連作「京洛四季」の締めくくりを飾る作品。
親交のあった川端康成に「京都は今描いといていただかないとなくなります。京都のあるうちに描いておいて下さい。」と言われたことが後押しとなって描いた連作ですが、開発が進んでマンションやオフィスビルの合間に町屋がぽつりぽつりと残っている現在ではとても信じられないほどの古風な景色が昭和40年代まではあったのです。

東山魁夷《年暮る》(1968(昭和43)年)

橋本明治《月庭》は不思議な雰囲気をもった作品。
《月庭》というタイトルですが月は描かれていません。この作品の主人公は舞妓さんたちをほのかに照らす青白い月の光なのです。
鮮やかな発色の人造岩絵具を使い、マチスやピカソの影響を受けた橋本明治。
「舞妓さんたちの無機質な表情にはピカソの影響が見られます。これは明治のオリジナルです。」と三戸さん。

橋本明治《月庭》(1959(昭和34)年)

「緑」

新緑の山の景色を連想させる「緑」。やはりこのコーナーには緑いっぱいの山の景色がありました。
石井林響の《総南の旅から のうち「仁右衛門島の朝」》です。
朝の景色だからなのでしょうか。全体的に靄のかかった感じ。緑だけでなく青く描かれた葉もあります。青緑山水の伝統を継承しつつも、大正時代に流行した南画風の、ゆるくてあたたか味のある作品です。

石井林響《総南の旅から のうち「仁右衛門島の朝」》
1921(大正10)年
画面いっぱいにひろがる草花と、蜜を求めてひらひらと舞う蝶。
色合いからして小林古径の《芥子》(東京国立博物館)を思い出しましたが、こちら戦後すぐの作品。
「このように画面のいっぱいに描く画法は戦後期に流行しました。」と三戸さん。

佐藤太清《清韻》(1947(昭和22)年)

「赤」

大作に取り組むのも80歳までが限度と考え、日展出品作とは別に、年1点、大作を描こうと決めた奥田元宋が70歳をすぎて描いた大作シリーズの第1弾がこの《奥入瀬(秋)》。
手前のケースには奥田元宋が使ったいろいろな種類の赤が展示されています。
絵の具といっしょに元宋の赤を楽しんでいただきたい作品です。
床まで「紅葉」しています!

奥田元宋《奥入瀬《秋》
(1983(昭和58)年)
こわい顔で睨みつけている鍾馗と、恐れをなして逃げる邪鬼。
こちらは幕末から明治にかけて漆芸家、画家として活躍した柴田是真の《円窓鍾馗》。
赤一色で塗られた地は表装、絵は円窓の部分を表現しているのですが、鍾馗の迫力に鬼が絵から飛び出して逃げていってしまいました。
「是真の遊び心が出ている作品です。」と三戸さん。


柴田是真《円窓鍾馗》(19世紀 江戸-明治時代)

「黄」

セザンヌなどの西洋絵画を積極的に学んだ小林古径の静物画《三宝柑》。
「黄色い三宝柑とガラスの紫色は反対色。質感の対比を際立たせています。」と三戸さん。

小林古径《三宝柑》(1939(昭和14)年)


「黒」

奥村土牛が描いた《舞妓》は、黒の質感にこだわった土牛らしい作品。
同じ黒でも着物は着物らしいなめらかな黒。
髪の毛はザラザラとした質感のある黒。これは岩絵具を焼いて黒くしたもので、髪の毛のきめの細やかさが表されています。

奥村土牛《舞妓》(1954(昭和29)年)

「白」

白といっても白色を塗ったのでなく、絹の白地をそのまま活かして雪を表現したのが森寛斎の《雪中嵐山図》。
雪を表現するのに絹の白地を活かすといえば、円山応挙《雪松図屏風》(三井記念美術館)。幕末から明治にかけて活躍した森寛斎は、応挙に学んだ森徹山の門下。
「応挙のDNAを継いでいるのです。」と三戸さん。

森寛斎《雪中嵐山図》(1890(明治23)年頃)

東山魁夷の《白い嶺》は北欧に取材旅行に行った2年後に描いた作品。
鮮やかな青の背景が針葉樹に積もった白いふわふわの雪を際立たせています。
「東山魁夷は北欧の雪景色から『青』に目覚めたのです。」と三戸さん。

東山魁夷《白い嶺》(1964(昭和39)年)

「銀」

一見のどかな初冬の農村風景のように見えますが、かつて水害と闘い続けてようやく手に入れた輪中の様子が描かれた田渕俊夫《輪中の村》。
この作品の背景の空に使われているのは、すぐに劣化する銀箔でなく、劣化しにくいアルミ箔。銀はやわらかいので、のりを付けるとすぐに平らになるのですが、糊付けすると、くしゃっとしたしわが残るアルミ箔の特性を利用してどんよりとした空を表現しています。

田渕俊夫《輪中の村》(1979(昭和54)年)

「金」

第2展示室にはきらびやかな金を使った作品が展示されています。
「金箔、金泥、金砂子など、金にはさまざなな表現方法があります。」と三戸さん。
下の写真右は全面に金箔を貼った森田曠平《出雲阿国》、左は色づいた葉を金泥で描いた小林古径《秌采》。

右 森田曠平《出雲阿国》(1974(昭和49)年)、
左 小林古径《秌采》(1934(昭和9)年)

展示室内には日本画の画材や岩絵具、箔の見本なども展示されています。

協力:谷中得応軒


協力:谷中得応軒




ミュージアムショップでは三戸さんの著書『色から読み解く日本画』が販売されています。今回の展覧会の図録ではありませんが、今回展示されている作品も多く収録されています。オールカラーで色別に日本画が紹介されていて、解説もコンパクトでわかりやすいので日本画の入門書としても最適。ぜひお手に取ってご覧になってください。

三戸信惠著『色から読み解く日本画』2018年
株式会社エクスナレッジ
定価 1,600円+税

展示作品にちなんだ和菓子も山種美術館の楽しみの一つ。
今回のラインナップは、中央が「除夜」(東山魁夷《年暮る》)、右上から時計回りに「秋の色」(奥田元宋《奥入瀬(秋)》)、「里の秋」(小林古径《秌采》)、「雪けしき」(森寛斎《雪中山水図》)、「鶴の舞」(奥村土牛《舞妓》)。(カッコ内はモチーフになった作品。いずれも山種美術館蔵)
どれも美味ですし、どれも形がよくできているので、どれか1つとなると困ってしまいますが、個人的には「秋の色」でしょうか。上に乗っている紅葉の葉がかわいいです。


ミュージアムグッズも充実。


新発売の可愛いマスキングテープやお年玉袋に使えるポチ袋などがおススメです。

マスキングテープ 400円+税
ポチ袋 380円+税

会場内は、色の表現方法や色へのこだわり、それぞれの日本画家たち個性が伝わってくる作品ばかり。
この冬おススメの展覧会です。