2019年3月3日日曜日

足立美術館がトップ!~「goo+dランキング(グッドランキング)」発表!

アートファンのみなさま、こんにちは。
先週木曜日(2月28日)にgooプレスリリースで人気美術館ランキングが発表されましたが、ご覧になられましたでしょうか。

今回発表されたのは、NTTレゾナントが運営する「gooウェブ検索」とNTTドコモが運営する「dメニュー」の昨年一年間の検索回数を抽出してランキングしたもので、最も検索回数件数が多かったのは、都内などアクセスのいい美術館を抜いて、島根県安来市にある足立美術館でした。

記者発表はこちらです→gooプレスリリース「gooウェブ検索」と「dメニュー」の検索回数から人気美術館ランキングを発表!

人気美術館ランキングは次のとおりです。

1位 足立美術館(島根県安来市)    100
2位 国立新美術館(東京都港区)     98.5
3位 上野の森美術館(東京都台東区)   48.8
4位 ジブリ美術館(東京都三鷹市)    48.3
5位 兵庫県立美術館(神戸市)      29.1
6位 横浜美術館(横浜市)                        28.2
7位 国立西洋美術館(東京都台東区)  23.1
8位 根津美術館(東京都港区)     22.8
9位 サントリー美術館(東京都港区)  21.3
10位 佐川美術館(滋賀県守山市)    19.6

右の数字は、1位の検索回数を100ポイントとして、2位以下のポイントを相対的にスコアリングしたもので、1位の足立美術館と国立新美術館が飛び抜けてアクセス数が多く、続いて、第2集団が3位の上野の森美術館、4位のジブリ美術館、第3集団が5位以下の6つの美術館という結果になっています。

1位の足立美術館といえば、四季折々の情緒あふれた日本庭園が人気で、海外からの観光客の注目度ナンバーワンの美術館。
足立美術館公式ホームページ→https://www.adachi-museum.or.jp/

それに、横山大観をはじめとした近代日本画や河井寛次郎や北大路魯山人の陶芸の所蔵で知られていて、近代日本画ファンの私としては四季ごとに開催される特別展にはぜひ行ってみたいと以前から思っていました。

こちらは昨年、東京と京都の国立近代美術館で開催された「横山大観展」のチラシのトップを飾る、足立美術館所蔵で紅葉の赤と川面の青のコントラストが見事な横山大観の《紅葉》。(私が行ったのは東京の方ですが、こちらは京都のチラシです)。




2位の国立新美術館では、「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」「東山魁夷展」「オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展」はじめ人気の展覧会が開催されました。また、展示室がいくつもあって、同時並行で企画展や公募展が開催できるのも国立新美術館の強みでは。
国立新美術館公式ホームページ→http://www.nact.jp/

今年も日本・オーストリア外交樹立150周年記念「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」が4月から始まるので今から楽しみにしています(開催期間 4月24日~8月5日)。


第2集団のうち、上野の森美術館は、やはり「ミラクルエッシャー展」と「フェルメール展」がインパクトありましたね。
上野の森美術館公式ホームページ→http://www.ueno-mori.org/


ミラクルエッシャー展については内覧会に参加したときの様子をブログに書いていますので、現在、福岡アジア美術館に巡回しているミラクルエッシャー展に行かれる方はぜひご覧になっていただければと思います。

上野の森美術館「ミラクルエッシャー展」内覧会

上野の森美術館では、今年10月に開催予定の「ゴッホ展」(10月11日~2020年1月13日)も楽しみです。

第3集団の中で健闘したのは、堂々6位の横浜美術館。
ヨコハマ美術館公式ホームページ→https://yokohama.art.museum/

地元の美術館なので、どうしても肩に力が入ってしまうのですが、昨年は特にモネ展がよかったですし、コレクション展も充実しているので、いつも行くのが楽しみな美術館です。


今年は夏に企画展「原三溪の美術 伝説の大コレクション」(7月13日~9月1日)が開催される予定なのでこちらも楽しみにしています。
原三溪といえば、雪舟や宗達をはじめ美術品を収集したコレクターで、若手の近代絵画の画家たちを支援した横浜の実業家。関東大震災を機に横浜の復興に力を入れたことから、収集した美術品の多くは散逸してしまいましたが、今回は原三溪の生誕150年・没後80年を記念した展覧会なので、里帰り美術品が見られるかと思うと、いやでも期待が高まります。

原三溪や三溪園については、NTTレゾナントが運営する「いまトピ」で紹介しています。

初夏のヨコハマ、おススメ散策&美術展ガイド~近代日本画の足跡を訪ねて五浦から横浜へ~

「いまトピ」ではyamasanのペンネームで他にもコラムを書いていますので、ぜひご覧になってください。


そして、今回発表された中で興味深かったのは、人気美術館ランキングTOP5の検索ユーザー男女比。(数字の左が男性、右が女性)

足立美術館    36.5 対 63:5
国立新美術館   28.2 対 71.8
上野の森美術館  27.7 対 72.3
ジブリ美術館   19.2 対 80.8
兵庫県立美術館  25.3 対 74.7

どの美術館も圧倒的に女性のアクセスが多いのが特徴です。
アートに興味をもつのは男性よりも女性に多いのか、それともそれぞれの美術館が女性をターゲットにPRした成果なのか、その辺はなんとも言えませんが、女性に好まれるかどうかがランクインに大きく影響することは確かなようです。  

さて、みなさまお気に入りの美術館はランクインしていますでしょうか。
人気美術館ランキングについてとりとめのない感想を書いてみましたが、みなさまもぜひブログやツィッターでご意見・ご感想を発信してみてはいかがでしょうか。




2019年2月19日火曜日

山種美術館 広尾開館10周年記念特別展《生誕130年記念 奥村土牛》

東京・広尾の山種美術館では広尾開館10周年記念特別展《生誕130年記念 奥村土牛》が開催されています。


奥村土牛(1889-1990(明治22-平成2)年)というと、京都・醍醐寺の桜を描いた《醍醐》、鳴門の渦潮を描いた《鳴門》、姫路城を描いた《城》(いずれも山種美術館)といった代表作は同館で開催される展覧会で見ることはあったのですが、今までそれほど多くの作品は見たことはありませんでした。

しかし今回は奥村土牛のワンマンショー、101歳まで長生きした奥村土牛の作品約60点が年代を追って展示されている「土牛づくし」の展覧会なのです。

「絵は人柄である」という信念のもと、画家と直接関わり、作品を収集した山種美術館創立者の山﨑種二初代館長は、土牛と特に親しく、無名時代から支援していました。
その御縁から、同館の所蔵作品1,800点のうち135点を占める屈指の土牛コレクションで知られる山種美術館で開催される奥村土牛展。

展示されているのは、すべて山種美術館所蔵の奥村土牛作品(及び資料)です。
この機会に土牛の人柄にふれて、作品の魅力を楽しんでみてはいかがでしょうか。

※展覧会の開催概要等はこちらをご参照ください→山種美術館公式サイト

今回撮影OKの作品はこちら、奥村土牛《吉野》(山種美術館)です。
ぜひ記念に一枚!

奥村土牛《吉野》(山種美術館)
※他の作品は撮影禁止です。
※以下に掲載した写真は、先日開催された内覧会で美術館の特別の許可をいただいて撮影したものです。

それではさっそく展覧会の魅力、見どころを紹介したいと思います。

ご案内いただいたのは、山種美術館特別研究員の三戸さん。
「奥村土牛はとても人柄のよい方で、直接お会いしたことはないのですが、私たちも親しみを込めて『土牛さん』と呼んでいます。」と三戸さん。

展示室に入って最初にお出迎えしてくれるのは、チラシのデザインにもなっている《醍醐》。
「色を塗っては洗い、塗っては洗い、という作業を丹念に繰り返した作品です。」
薄紅色のしだれ桜がとてもきれいです。
奥村土牛《醍醐》(山種美術館)
展示は3章構成になっています。

第1章 土牛芸術の礎

第1章では、大正期から昭和20年代までの作品が展示されています。

土牛は16歳で日本画家・梶田半古の画塾に入門して、そこで生涯の師と仰ぐ小林古径に出会い、画業の修行を積みましたが、38歳で初めて再興日本美術院(院展)に入選するという遅咲きのスタートでした。

(以下、私なりに設定したテーマごとに作品を紹介していきたいと思います。)

【初期の風景画】

はじめに初期の風景画から見ていきましょう。

「土牛は江戸っ子で、大正から昭和にかけての時代を送った人生が作品に表れています。こういった視点から作品を見るのも一つのポイントです。」

「《雨趣》は、土牛が画業に悩んでいた頃、速水御舟の研究会に参加していた時の作品です。御舟の影響を受けて幻想的で、雨の一本一本まで細かく描きこんでいます。」
高層ビルが立ち並ぶ今となっては信じられませんが、緑が多い赤坂付近の雨の風景を描いています。近くで見ると雨の線がよく見えます。

左から、奥村土牛《雨趣》、《枇杷と少女》(いずれも山種美術館)

「《甲州街道》は、大正12年の関東大震災で自宅が焼失して、家財道具も一切失う中、少ない画材で描いた作品です。どんな境遇でも絵を描きたいという土牛の気持ちが伝わってくるようです。」
甲州街道そばの千歳烏山(現・世田谷区)辺りの情景。当時は農村地帯の雰囲気をそのまま残した景色が広がっていたのですね。

奥村土牛《甲州街道》(山種美術館)
《雪の山》は昭和21年の再興第31回院展に出展された作品。
小林古径からセザンヌの画集を買ってもらい、セザンヌの研究をした土牛。この作品ではセザンヌが繰り返し描いたサン・ヴィクトワールを思わせる山が描かれています。
「土牛は昭和19年に信州に疎開していますが、信州で得たインスピレーションが土牛をセザンヌに導いていったのでしょう。」

奥村土牛《雪の山》(山種美術館)
【土牛の描く動物たち】

続いて土牛の描く動物たちです。
多くの日本画家と同じく、土牛はさまざまな動物を描いていますが、その特徴は「土牛の動物たちへの愛情や、その時々の気持ちが表れていること」(三戸さん)。

私たちにとって見慣れた兎も、当時は珍しかったアンゴラ兎もしっかり観察して、毛並みなども丁寧に描いています。
どの兎も目がとても可愛くて、動物が好き!といった気持ちが伝わってきそう。

奥村土牛《兎》(昭和13年)(山種美術館)

こちらがアンゴラ兎。もふもふ感がよく出ています。
奥村土牛《兎》(昭和11年)(山種美術館)
土牛は鹿も好きでした。《春光》では、やはりかわいい目をした鹿が描かれています。
左手前が、奥村土牛《春光》、右奥は右から《聖牛》《山羊》《花》
(いずれも山種美術館)
インドからやって来た牛は少し澄ました感じ。
土牛は、母親になったばかりの牛に落ち着きと気品を感じたと語っています。
奥村土牛《聖牛》(山種美術館)

第2章 土牛のまなざし

【円熟期の風景画】

第2章の見どころは何と言っても、スケール感のある風景画。

鳴門の渦潮を神秘的に描いた《鳴門》では、「うす塗りを重ねているのに不思議と透明感が出ています。」(三戸さん)。
那智の滝の雄大さが描かれた《那智》も、こちらに迫ってくるような姫路城を描いた《城》も、ものすごい存在感があります。

こちらのコーナーはぜひこの位置からご覧になってください。
奥が右から《鳴門》《那智》《城》、そして手前のガラスケースにはそれぞれのスケッチが展示されていて完成作品と比較できるようになっています。

右から奥村土牛《鳴門》《那智》《城》
手前のガラスケースは、右から《鳴門(画稿)》《那智瀧(画稿)》
《城(写生)》(いずれも山種美術館)

【人物へのまなざし】

「土牛の描く人物にはその時々の心情が表れていて、また、特別な人との別れが絵画制作に結びつくことが特徴です。」
以前から描きたいと思っていて、ようやく念願のかなった《舞妓》。髪の毛まで丁寧に描いています。
そして、バレリーナを描きたくなり、「白鳥の湖」を見て美しさをどう表現すればいいのか考えぬいて描いた《踊り子》。
どちらの女性も自然な美しさが感じられます。
左から奥村土牛《舞妓》《踊り子》(いずれも山種美術館)
一方で土牛はたくましい体の力士も描いています。
モデルは初代・若乃花と栃若時代を築いた横綱・栃錦。
名横綱の力強さが伝わってきます。
奥村土牛《稽古》(山種美術館)

大切な人を失った時、土牛はその人へのオマージュとして絵を描いています。
生涯の師と仰いだ小林古径を追悼した《浄心》。
横山大観らと日本美術院を再興した斎藤隆三を追悼した《蓮》。
人物そのものを描かなくても、その人たちへの土牛の思いが伝わってくるようです。
冒頭で紹介した《醍醐》も小林古径の法要の帰りに京都に寄ったのが制作のきっかけでした。
右から、奥村土牛《浄心》《蓮》《水蓮》
(いずれも山種美術館)
第3章 百寿を超えて

【晩年の風景画】

こちらは90歳を越えてから描いた《海》。
「晩年には細部を省略した抽象的な表現の作風が特徴です。この作品は銀箔を貼っています。箔足が見えるのがわかりますでしょうか。」
横から見ると海面のあたりに四角い銀箔の跡が見えるので、ぜひ近くでご覧になってください。

奥村土牛《海》(山種美術館)

今まで土牛のこの時期の作品を見たことはなかったのですが、円熟期を通り越して、目の前の風景を感じたままに描いた心象風景のような作品群に心を惹かれました。
右から奥村土牛《吉野》《谷川岳》《北山杉》
(いずれも山種美術館)
富士山も描いています。
右から奥村土牛《山中湖富士》《富士宮の富士》
(いずれも山種美術館)
《輪島の夕照》はいつまで眺めていても飽きない風景画。
土塀のカチッとした構図が決まっている《大和路》も好きになりました。
右から、《輪島の夕照》《大和路》(いずれも山種美術館)
そして締めくくりに三戸さん「土牛は一つ一つの作品に自身のことばを残しています(作品横の『奥村土牛のことば』というタイトルのパネルを参照)。どういう背景で、どういった気持ちで作品を描いたのか、画家のことばを読んでいただければ、絵の楽しみも増すと思います。」(拍手)

とてもいい雰囲気の展覧会です。
3月31日(日)まで開催されているので、一足早いお花見に訪れてみてはいかがでしょうか。

展覧会概要  
会 期  2月2日(土)~3月31日(日)
開館時間 午前10時から午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日  月曜日
入館料  一般 1,200円他
(お得な割引サービスもあります。詳細は同館公式サイトをご覧ください)


和菓子や関連グッズも充実!

今回も展覧会にちなんだ和菓子やグッズが充実しています。
下の写真は、山種美術館1階「Cafe椿」の和菓子。
中央が「しろうさぎ」(《兎》昭和11年)、右上から時計回りに、「ひとひら」(《醍醐》)、「富嶽」(《山中湖富士》)、「千本桜」(《吉野》)、「うなばら」。
(《海》)(カッコ内はモチーフとなった奥村土牛の作品で、すべて山種美術館蔵です。)
どれも美味なので、どれをおすすめしたらよいか迷ってしまいます。和菓子1個とお抹茶のセットで1,100円です。

関連グッズも充実しています。今回は《醍醐》にちなんだ。祇園辻利の「宇治茶 抹茶菓子セット(1,000円+税)が特におすすめです。

これからの展覧会

次回の展覧会は「花・Flower・華-四季を彩る-」(4月6日㈯~6月2日㈰)です。
関連イベントとして、静嘉堂文庫美術館の河野元昭館長の講演会が開催されます。

タイトル 饒舌館長「四季の花-琳派の傑作-」口演す
日 時  4月27日(土) 14:00~15:30(開場・受付開始 13:30)
会 場  國學院大學 院友会館

詳細および申込方法は山種美術館公式サイトをご覧ください。

また、山種美術館が主催する日本画の公募展「Seed 山種美術館 日本画アワード 2019」が開催されます。作品の応募期間は2月20日(水)~4月8日(月)までです。
応募要項等の詳細は同館公式サイトをご覧ください。


2019年2月10日日曜日

すみだ北斎美術館「北斎アニマルズ」が面白い!

毎回趣向を凝らした企画展で楽しませてくれる東京・墨田区にある「すみだ北斎美術館」。
今回の企画展は「北斎アニマルズ」。
鳥も犬も猫も猿も、虫も魚も亀も、想像上の動物まで、かわいい動物、不思議な動物、怖い動物などなど、いろいろな動物が大集合している、とても楽しい展覧会です!

3階企画展示室前のホワイエにある撮影スポット
今回のコラボ企画は北斎アニマルズ占いです

こんな楽しい展覧会なので、ぜひ多くのみなさまにご覧になっていただきたいのですが、開会に先がけて開催されたプレス内覧会に参加したので、まずは実際に展示室をご案内して、楽しさを実感していただきたいと思います。

展示室内をご案内いただいたのは今回の企画展を担当されたすみだ北斎美術館学芸員の竹村さん。
それでは、北斎劇場のはじまり、はじまり!

※掲載した写真は、美術館の特別の許可をいただいて撮影したものです。
※展示作品はすべてすみだ北斎美術館所蔵品です。
※展覧会は2月5日(火)から4月7日(日)までですが、前期と後期で展示替えがあります。
 前期:2月5日(火)~3月3日(日) 後期:3月5日(火)~4月7日(日)

3階企画展示室入口


今回の企画展は3章構成になっています。
第1章では北斎や門人たちの描いた生き生きとした動物たちがお出迎えしてくれます。

1章 生けるがごときアニマル
 

はじめは鳥たちのコーナーです。

「こちらは葛飾北斎《桜に鷹》。鷹狩りの鷹と桜が描かれています。版画の色がとてもきれいに出ている作品です。」と竹村さん。
葛飾北斎《桜に鷹》 前期展示

続いて『北斎漫画』などに描かれた賑やかな鳥たち。

葛飾北斎『北斎漫画』三編 風鳥、ベラ鷺 他  全期間展示
急降下する雁
葛飾北斎『独発句』下  全期間展示
こちらを睨みつける駝鳥(江戸時代の駝鳥は現在のダチョウではなく、ヒクイドリを指しました)。
葛飾北斎『唐詩選画本 七言律』一 駝鳥 全期間展示 

ユニークなのはこちら。定規とコンパスを使った描き方を解説した絵手本『略画早指南』
葛飾北斎『略画早指南』初編 さぎ がん おなが 全期間展示
初夢に見ると縁起のいい「一富士、二鷹、三茄子」もあります。
葛飾北斎『富嶽百景』二編 夢の不二 全期間展示

こちらは彩色の摺物の花鳥画です。
「《芙蓉に雀》のように下に向かっていく鳥を描くのが北斎の特徴。《馬尽 駒鳥》では江戸時代から鳥が飼われていたことがわかります。」
左から、葛飾北斎《芙蓉に雀》、《鵙(いすか) 小薊(おにあざみ)》、
《馬尽(うまづくし) 駒鳥》  いずれも前期展示
動物
次は動物の中でも哺乳類のコーナーです。

こちらは門人たちの肉筆画です。
「森高雅は北斎の孫弟子。落款には四条派の呉春の鹿図を、玄谷という人が模写して、それを森高雅が模写したことが書かれています。」
左から、森高雅《鹿図》、二代葛飾北斎《俵に鼠》 いずれも前期展示
北斎の描く動物の目に注目!
「北斎は60歳以降、への字に目尻を細くした目や、ボリューム感のあるつぶれた丸い形の目を描くようになりました。現実の動物の目とは違いますが、生きているように見せるためこのように描いたのでしょう。かわいらしい感じがします(笑)。」と竹村さん。

こちらは月夜の下、遠吠えをする野犬。確かに目尻が細くなっています。
野犬ですが、どことなく愛嬌のあるようにも見えます。
葛飾北斎『富嶽百景』二編 月下の不二 全期間展示
今回の展覧会の展示では、壁に飛び出してきた動物たちにも注目です。
右奥のパネルには、北斎の描く動物の目の違いの解説がありるので、こちらもぜひご覧になってください。



牛も「北斎の描く動物の目」になってます。
葛飾北斎『絵本孝経』上 牛 全期間展示
動物(猫)
続いて、猫のコーナーです。

「北斎の描いた猫の絵は意外と少ないのです。」と竹村さん。
「80歳を過ぎて『猫一匹も画(えが)くこと能(あた)はず』と涙を流した北斎ですが、かわいらしい猫を描いています(笑)。」


「北斎が、書道などの真、行、草の三体に倣って、1つの画題を3つに描き分けた絵手本で
す。」
右のページの下に描かれているのが猫が愛くるしいです。
葛飾北斎『三体画譜』栗鼠 猫 鼠 獅子 全期間展示
動物(干支)
干支のコーナーもあります。

下の写真の左が十二支の動物たち、右が今年の干支のイノシシ。
左から、葛飾北斎『北斎漫画』四編 十二支、『北斎画鑑』野豕 仁田の四郎
いずれも全期間展示
イノシシはひし形をしていますが、これは鳥のコーナーで紹介したコンパスと定規で絵を描く方法で描かれています。
葛飾北斎『北斎画鑑』野豕 仁田の四郎  全期間展示


魚介
北斎や門下の人たちは何でも描きます。

かわいらしい亀たち。
葛飾北斎《亀》 前期展示

魚が絵から飛び出している!

虫・爬虫類・両生類
トンボも、蝶も、カエルも、ヘビも、どれもよく観察して描いています。

葛飾北斎《桔梗にとんぼ》 前期展示
「右上のカエルは、西洋でジャポニズムが流行する中、フランスのエミール・ガレが花器に取り入れたものです。」
このカエルはフランスまで飛び跳ねていったのですね!
葛飾北斎『北斎漫画』初編 全期間展示

「かぼちゃの花の上のアブの羽根に注目してください。はばたいている様子を出すためぼかしを使っています。こういうところに北斎の観察眼の鋭さを見ることができます。」
葛飾北斎《南瓜花群虫図》 前期展示
葛飾北斎《南瓜花群虫図》(部分) 前期展示

続いて、かわいらしい動物たちが登場する第2章です。

2章 かわいらしいアニマル
まずは北斎門下のかわいい動物たち。
「左の魚屋北渓《三十六禽続 子犬》では鮭の切り身をくわえて首をかしげるかわいらしい子犬です。右の柳川重信《猪の貴人》は、イノシシが擬人化されたもので、左上には蛇が描かれています。十二支のうちある干支から数えて7つ目の干支を組み合わせた絵は縁起がいいとされていました。」
左から、魚屋北渓《三十六禽続 子犬》、柳川重信《猪の貴人》 
いずれも前期展示

飛び出すかわいい動物たち。

帽子をかぶったフクロウもいます。
葛飾北斎『北斎漫画 草筆之部』山鴞(ふくろう) 前期展示
今回の展覧会のチラシになった子犬もいます(左のページ下)。
葛飾北斎『三体画譜』馬 兎 猿 狗猧(えのころ=子犬)
全期間展示
「仁魚とは、現在では戦後、日本に持ち込まれたティラピアのことですが、ここでは鯉のような魚が描かれています。目つきが鋭いですね。」
葛飾北斎『唐詩選画本 七言律』四 仁魚


またまた定規とコンパスで描いた動物たち。
「右の猿は睨んでいるようにも見えます(笑)。」
葛飾北斎『略画早指南』初編 全期間展示

そして第3章が想像上の動物や物語・伝説上の動物、それにデザイン化された動物たちです。
3章 絵ならではのアニマル

今まではほとんどが実在の動物でしたが、「浮世絵なのだからやっぱり想像上の動物が出てこなくちゃ」と思われる方にも十分満足いただけるコーナーです。

こわいアニマル
こんなナマズが本当にいたら怖い!人の顔をした鯰です!
葛飾北斎『化物和本草』人面の鯰 全期間展示
こんな動物には出会いたくない!
顔は虎、胴体は牛、そして名前が「わざわい(禍獣)」。
葛飾北斎『椿説弓張月」続編 巻之六 禍獣 全期間展示


物語・伝説のなかのアニマル
こちらは少しユーモラス。

擬人化されたネズミたちの生活の様子が描かれています。
葛飾北斎『北斎漫画』十編 家久連里 全期間展示

こちらは孫悟空。
葛飾北斎『北斎漫画』十編 孫悟空 殷の妲妃  全期間展示
こちらは鬼退治でおなじみ、源頼光の四天王の一人藤原保昌の土蜘蛛退治です。
葛飾北斎『絵本魁』初編 平井の保昌 土蜘蛛退治  全期間展示
未確認アニマル
どうしてこんなにユニークな動物を思いついたのか、昔の人たちの想像力はすごい!

「悪夢を食べる獏、たくさんの目をもった白沢、それに翼が約1万mもあって、1度はばたけば約35万㎞を飛ぶという鵬といった想像上の動物が描かれてます。」
葛飾北斎『北斎漫画』二編 白沢 獏  全期間展示
二代葛飾戴斗『花鳥画伝』初編 鵬  全期間展示
人魚もいます。
葛飾北斎『椿説弓張月』残編五 人魚  全期間展示 
デザイン化されたアニマル
日々の生活の中に出てくる動物たちのコーナーです。

「江戸時代の楊枝屋の看板はサルでした。」
葛飾北斎『楊枝屋店先』 前期展示
よーく見ると、右の女性の着物の柄はアメンボ!

とてもすべては紹介しきれない充実の内容でした。
最後にご案内いただいた竹村さん「北斎や門人たちの描いた動物たちをぜひお楽しみください。」(拍手)

さて、「北斎アニマルズ」はいかがだったでしょうか。
ご覧のとおりの楽しい展覧会です。
会期は4月7日(日)までですが、前期は3月3日(日)までなのでお早めに!

企画展「北斎アニマルズ」開催概要
展覧会の概要は次のとおりです。
コラボ企画やスライドトークもありますので、詳細は展覧会公式HPでご確認ください。
すみだ北斎美術館

会 期 2月5日(火)~4月7日(日)
開館時間 9:30-17:30(入館は17:00まで)
休館日 毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)
観覧料 一般 1.000円(800円)ほか カッコ内は団体料金
(本展チケットで会期中観覧日当日に限り、次に紹介する4階の「AURORA(常設展示)」と「常設展プラス」もご覧になれます。)

「北斎アニマルズ」展リーフレットも販売しています。税込300円です。

他にも楽しさいっぱい~『北斎漫画』を立ち読みしよう!
4階の常設展示室(AURORA)では、北斎の画業の流れがわかる複製画の展示があって、北斎さんに会うこともできます。こちらは一部を除き写真撮影ができます。

北斎と娘のお栄


同じく4階の企画展示室では新しい企画として常設展プラスが開催されていて、すみだ北斎美術館所蔵の『北斎漫画』や全長7mの「隅田川両岸景色図巻(複製画)」が展示されています。こちらは写真撮影不可です。

葛飾北斎『隅田川両岸景色図巻(複製画)』
『北斎漫画』の立ち読みだってできる!
『北斎漫画(複製)』の立ち読みコーナー
常設展プラスの開催概要
会 期  2月5日(火)~6月9日(日)(予定)
開館時間 9:30~17:30(入館は17:00まで)
休館日 毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)
観覧料(常設展プラスと常設展示室(AURORA)のみ) 一般700円(560円)ほか カッコ内は団体料金
(企画展開催中は企画展のチケットで会期中観覧日当日に限り常設展プラスとAURORA(常設展示)もご覧になれます。)